料理

安納こがねで焼き芋を作ってみた【その2】オーブンでアルミホイルは要るの要らないの?

投稿日:2017年11月26日 更新日:

さて焼き芋挑戦第二弾。

1回目はオーブンでアルミホイルあり、160℃、90分という条件でやってみたところ、悪くないものの、妙にふにゃっとした焼き芋になってしまいました。

前回の記事

https://takubeya.com/annoukogane-yakiimo1/

そこで今回は皮をパリっとさせるべく、アルミ無しでやってみることにします。

時は2017年11月5日。安納こがね自体も、前回よりも少しは甘くなっていることに期待です。

アルミホイル無しでの焼き芋レシピ

さて今回はアルミホイル無しでやることは決めたのですが、じゃあいったい温度は何度で時間はどのくらい焼けばいいのか。

またWEBをさまよって、とりあえず

200℃ 15分+15分

で、試してみることにしました。あ、15分でひっくり返すって意味ね。

そんで焼けてなかったら、時間延長で。アルミ無しだと水分が飛んじゃってパサパサになる懸念がありますが、どうなることやら。

安納こがね 焼き芋レシピ その2

ではいってみましょう。今回の精鋭はこの芋たち。

余熱無しの200℃設定で15分焼いて、ひっくり返してさらに15分焼きました。見た目にはあまり分からないですね。

取り出してアツアツを割ってみた図。

ふむ、皮はかなりパリッとしていて、イメージ通りの焼き芋になっています。中もまあまあしっとり感がありいい感じ。

しかし、アルミホイル無しで焼くと、皮に可食部がかなりくっついてしまいます。これはまあしょうがないところかな。

安納こがね 焼き芋レシピ その2の反省とまとめ

今回は、要望にあった「皮はパリっと」は達成です。イメージ通りの「焼き芋」感が出ています。

そして肝心のお味ですが、まあこんなもんでしょう、という感じ。むっちゃ感動する! というレベルには至りませんでした。

ではどーすればいいのか・・・ 察するに、

ホイルで包んで低温 → しっとりスイートポテト化。ただしパリっと感はない。

そのままでオーブン → 皮はパリッとして良好も感動するレベルには至らず。焼きすぎると水分が逃げてしまいパサパサ方向

という感じでしょうか。

となると、アルミホイルで包んで一定時間焼いた後、ホイルを外して皮をパリッとさせる、という2段階攻撃もありかもしれません。

次回はその方針でアタックしてみたいと思います。

でも、お芋の水分や大きさによって、ベストな条件は変わっちゃいますよね。なかなか奥が深そうです。

これに負けないようにしないと。一度買って対照にすべきかな。

お役立ち記事

1

ツイッター、ライン、インスタグラム等のSNSにて、自己紹介欄に、「○小→△中→□高」のような記載がよくあります。 この時使われる学校の略称や略語、略称のアルファベットをまとめたら便利かと思い、まずは東 ...

カーエアコン 2

カーエアコンが壊れました。ディーラーではなく電装屋さんに修理を依頼するべきとの情報をみたので、電装屋さんで修理してみたら確かにお得でした。

3

ハワイで使ったレインボーワイファイ(Rainbow Wi-Fi)のレビューです。JALパックなら無料なので絶対申し込むべきと思います。

4

ドコモのメッセージSとメッセージRをiphoneで停止してみたら、かなりすっきりしました。メッセージr/sの意味も分かってさらにすっきり。

SQ698S 5

セイコーの目ざまし時計が電波を受信しないので、電波時計に電波を受信させる裏技を試してみました。なかなか面白い実験でした。マジック代わりにも使えるかも!?

洗濯物が干してある 6

洗濯機にパイプユニッシュを投入して掃除してみました。排水エラーが減るといいのですが、効果はどんなもんでしょうか。

7

ヘルストロンの商売方法(無料のハクジュプラザでの体験)を考えてみました。ヘルストロンがなぜ無料で、評判よく運営できるのか、なんとなく分かったような気になりました。

-料理

Copyright© たくべや , 2019 All Rights Reserved.