スポンサーリンク

インゲンのゴマ和えを作ってみた。

久々の料理ネタ。

愛しの下の娘が季節外れのインフルエンザにかかりました。

家族にうつらないようにとリビングには降りてこず、3階の子供部屋に軟禁状態。

あまりに不憫なので、好物だと言っていた「インゲンのゴマ和え」を作ってあげることにしました。

インゲンのゴマ和えを作ってみた。

大昔、何度か作ったような記憶はありますが、完全に忘れちゃってます。

なので、改めてクックパッドなどで勉強して、完璧なインゲンな胡麻和えを目指したいと思います。

買ってきたのはスーパーで100円だったインゲン。これで80gぐらい。

まずは前処理。とんがっている方が折りつつ、筋をとります。反対側はカット。面倒だったらどっちも先端を落としちゃえば良さそう。

それをまな板に並べて多めの塩を振って板ずりします。ぐりぐりと。

別途、鍋にお湯を沸かしておいて、そこに塩と一緒にインゲンを投入。太さにもよるけどだいたい2~3分ぐらい。今回は2分程度でやや固いとの評価でした。

ゆであがったら、氷水に投入。一気に冷やします。ある程度冷えたらOK。あまり水につけすぎないように。

で、ゆであがり品。鮮やかな緑色です。今回はこいつらを3等分しました。4等分でもいいかもです。

そしてポイントである調味料。

いろいろな情報を総合し、今回は

すりゴマ 7g
しょうゆ 15g
砂糖 9g

で和えてみました。そしてできたのがこれ。

やや固いとは言われたものの、味に大きな問題なし。作り立てよりある程度味を染み込ませた方が良さそうです。

個人的にはややしょうゆが強く感じたのと、インゲンが少ないなあと思ったので、次回の暫定レシピは以下。

インゲン150~200g(15~20本程度)
強めの板ずり。塩多め
沸騰したお湯で2分半 → 急冷
調味料は

すりゴマ 10g
しょうゆ 15g
砂糖 10g

でいい感じになるんじゃないかなあ。楽しみです。

こないだ買った本。煮卵も試さないと。

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする