日立の洗濯機ビートウォッシュのC4エラー対策のまとめ

我が家の日立の洗濯機「ビートウォッシュ」。型番は「BW-8HV」。

これまで、洗濯槽の掃除やにっくき「C4エラー」の解消のための対策を紹介してきました。

そこそこネタがたまってきたので、ここらで一回まとめ記事にしてみたいと思います。

リンクは他のタブで開くので、親切設計。のつもり。。

日立のC4エラーにお悩みの方にはぜひ見ていただきたいです。よろしくです。

日立の洗濯機ビートウォッシュのC4エラー対策のまとめ【歴史】

酸素系での洗濯槽掃除その1

初めて、洗濯機掃除をネタにした記事。ウエ・ルコ社の洗濯槽掃除洗剤?を使いましたが、効果はいまいち。ウエ・ルコさんには申し訳ないですが、まあ価格相応化と。しかし、これをやったおかげで本格的な洗濯槽掃除に燃えることになったのでした。
↓↓
ウエ・ルコ洗たく槽クリーナーを使ってみた。

オススメ
酸素系での洗濯槽掃除その2

1回目、あんまりキレイに汚れを落とせなかったので、気合いを入れて勉強し、過炭酸ナトリウムでの洗濯槽掃除に挑みました。結果、汚れがザクザク取れて満足。しかし、記事にも書きましたが、この掃除方法は全体の汚れのどの程度が落ちているのが分からないのが悩ましいところです。とりあえず過炭酸ナトリウムでの洗濯槽掃除の方法は確定できました。
↓↓
酸素系漂白剤で洗濯槽を洗ってみた

オススメ
日立の洗濯機のC4エラー対策その1

時は流れ2017年1月、順調だった洗濯機も10年選手となり、ついにエラー多発。発生したのは脱水時に止まってしまうビートウォッシュのC4エラーです。いろいろ調べた結果、とりあえず怪しいのは排水溝じゃないかってことで、排水溝を掃除してみました。まさに驚きの汚さ・・・
↓↓
ビートウォッシュがC4エラーで止まってしまうので排水溝を掃除した。



日立の洗濯機のC4エラー対策その2

そして2017年5月、減ってきていたC4エラーが再び頻発し始めました。排水溝がこんな短期間で汚れるとも思えず、排水溝の再チェックと同時に、今度は排水パイプの中も新兵器「毛づまりごっそりパイプ職人スリム」を使って汚れを除去。そしていつもの酵素系漂白剤での洗濯槽掃除も敢行。この辺で「洗濯物を入れる順番」「大物は先に入れる」に気づき始めました。複合攻撃でエラー撲滅に一定の効果はあるんですけどね。。
↓↓
ビートウォッシュのC4エラー対策をしてみた【その2】

日立の洗濯機のC4エラー対策その3

さらに時は流れ2017年9月。再び頻発を開始するC4エラー。こうして時系列でまとめてみるとだいたい4ヶ月おきですね。ご参考まで。
この時はあまり時間がなかったので、お手軽に試すことが可能な「洗濯機へのパイプユニッシュ」で掃除してみました。実際は類似品の「パイプクリーナー」でしたけどね。で、効果なんですが、掃除の翌日には再びC4エラー。。ちくしょう。
↓↓
洗濯機にパイプユニッシュを投入してみた。【C4エラー対策その3】

オススメ
日立の洗濯機のC4エラー対策その4

パイプユニッシュ攻撃不発を受け、ついに洗濯機を動かして、洗濯機の背面を開けてのC4エラー対策を実施しました。名付けて「日立の洗濯機の排水弁まで掃除するぞ作戦」。決行は2017年9月半ばの3連休。原因は、排水溝なのか、排水パイプなのか、排水弁なのか、それともその他? 可能な範囲でいろいろやってみたことでまた一応復活するのでした。一番の要因は「お洗濯キャップの使い方」と「大物は先に入れろ」という点なのかも知れないんですが。特に手洗い(=ドライ)時のC4エラーに悩んでいる方にはぜひ見ていただきたい記事です。
↓↓
日立の洗濯機ビートウォッシュのC4エラーとの戦い その4

日立の洗濯機のC4エラー対策その5

2017年9月、完全勝利宣言をして約1か月半、再びC4エラー軍の侵攻を受けて再び立ち上がった私。時は2017年11月3日の文化の日。今回選択したのは「過炭酸ナトリウム→パイプユニッシュ」の2段攻撃。結果、今まで見たことのない「石鹸かすが固まったようなもの」と遭遇。うーん、まだまだ結論は出せませんが、この段階で「簡便でかつコストパフォーマンスがいいC4エラー対策方法」が見えてきた気がするので暫定案を考えてみたのでした。今後、月1回、定期的に「側面含めたパイプユニッシュ攻撃」をやってみる予定。今ココ。
↓↓
日立の洗濯機ビートウォッシュのC4エラーとの戦い その5



日立の洗濯機掃除&C4エラー対策グッズ

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336