スポンサーリンク

石油ファンヒーターにフューエルワンじゃなくゲルホーン3+を入れてみた。【換気エラー対策その16】

この記事は自分でファンヒーターを分解・修理した記録です。ファンヒーターの分解は火災の原因になる可能性のある非常に危険な作業なので、実施する場合はくれぐれも自己責任でお願いします。少しでも不安な場合は絶対に無理せずメーカー等に相談してください。

東京も大雪が降り、それ以降めちゃめちゃ寒い日が続いています。

そして我が家のファンヒーターもこの強烈な寒さのせいか、換気サインからのE13エラーを大連発!

昨年同様、やはり朝に暖かくなってきた時にエラーで止まります。カミさん大激怒!

新品購入コールが起こる中、ついに気になりまくっていた燃料添加剤「ゲルホーン3+」を買ってしまいました。

「最終兵器」と言い切ってしまった以上、これでもダメならついに新品を買わねばならない状況。さてどうなることやら。

これまでの全記録は石油ファンヒーターのエラーの全記録にまとめています。初めての方は私がどのようにファンヒーターのエラーと戦ってきたかが分かるのでぜひご一読ください。



石油ファンヒーターにフューエルワンではなく燃料添加剤【ゲルホーン3+】を使ってみた。

前回からの展開

2018年1月14日に簡単なフレームロッド研磨でもE13エラーは収まらず、1月16日に寒い中、水抜き作業を敢行。

これで「最低2週間はもつよ」などと、家族に偉そうに言うも、数日後には再び「換気→E13→HHH」のトリプルコンボで面子丸つぶれ。

まとめページを見返すと、

「一年前と全く同じやんけ」

という状態です。

エラーは基本朝のみで、20℃近くになってくると発生します。これも今までと全く同じ。

しかし大雪が降った2018年1月23日以降の1週間は強烈な寒波襲来。あまりの寒さのせいか、ついに朝だけではなく昼間にもエラーが出始めたとのこと。

というわけで、最後の切り札になるかと「ゲルホーン3+」を注文してしまいました。

しかし、持ち越し灯油を使用したとはいえ、数ヶ月の使用で気化器に汚れが蓄積しているものなのでしょうか。

それともコメントいただいた灯油を送るラインの汚れかもしれません。

買えば、1~2万円の製品であり、ここまで苦労して延命させるのもなんなんですけどね。まあ楽しいんだもん。。

石油ファンヒーターにフューエルワン

我が家のオンボロ車では効果を実感している燃料添加剤「フューエルワン」をファンヒーターにも使ってみることも考えました。

しかし当然ですが、メーカーはもとよりどこも非推奨の行為。またどのくらいの量が適当なのかも分かりません。

なのでうじうじ躊躇していた時、「灯油にも使える燃料添加剤」として見つけたのが「ガソリン添加剤「ゲルホーン3+」です。

使用量もしっかり書いてあります。これは安心感があります。

しかしホントに灯油に入れてファンヒーターは大丈夫なんでしょうか。火を吹いたりしたら超恐い。。

また、添加剤が気化器などの汚れを落とすと、汚れがバーナーの方に噴出してくる、みたいなコメントもいただきました。

さてさてどうしましょうか。。。よし、分からないなら聞いてみましょう。



ゲルホーン3+の販売元に聞いてみた。

ひとまず実験する前にメールで聞いてみることにしました。そしたらすぐに返事をいただけました。ブログでの公開もOKとのこと。以下がやり取りです。

Q:1/2000の量を灯油に添加して石油ファンヒーターで使用するつもりだが、安全上問題はないか? 高温になりすぎる、有毒ガスが出るなどの危険性はあるか?

A:安全上、全く問題ありません。むしろ完全燃焼を促し、有毒ガスの発生は少なくなります。

Q:スラッジを落とす効果があるとのことだが、石油ファンヒーターの場合、除かれたスラッジはどうなるのか?

A:スラッジは本来であれば燃えてしまい、空気中に放出されるものです。燃料と同様に燃えてしまいます。

Q:不調時だけではなく、毎回使用した方が使い方としては望ましいか?

A:本来であれば毎回ご使用いただく方が良いです。添加割合は大変少ないので、経済的にも問題は無いと思います。むしろ毎回ご利用いただいた方が燃費が良くなり、経済効率は上がります。

とのこと。

また、いいことも悪いことも忌憚のない意見を書いてください、とのことでした。ランドマスタージャパンのご担当者様、迅速丁寧なご回答、ありがとうございました!

ゲルホーン3+が届いたぞ

今回もamazon。価格は200mLで4536円。まあ安くはないです。

箱の裏面の説明。

計量カップがついてます。でもファンヒーターの場合、灯油タンクが9Lなので、適正量は4.5mL。このカップじゃ測りにくいね。

ゲルホーン3+

臭いはなんというかいいような悪いような。。形容しにくい臭いです。

添加剤を入れる前の気化器の状況

フレームロッドの研磨と水抜きはしたのにここまでエラーが続くということは、気化器が怪しいです。今の気化器は2017年の3月に装着した新品です。それで持ち越し灯油にさらされて今に至っています。

で、作業は2018年1月27日。まだ外には大雪の氷がたくさん残ってる寒い朝です。

この新品の気化器を開けるのは初めてですがどうでしょうか。

ふむ。ニードルはまあまあの汚れです。

そして筒の中。分かりにくいですが、そこそこ汚いかな。

ゲルホーン3+の添加剤の効果をみるなら、ニードルも汚れているまま実験して「燃料添加剤のスラッジ除去効果」を検証すべきでしょうが、とりあえず状況を回復させ、カミさんの怒りを回避するというミッションもあります。なので、ニードルは前回同様、キッチンのコンロでカーボンを焼いてキレイにしました。これだけでもとりあえず少しは回復するでしょう、多分。

そして再度組み直してチェック。問題ないようです。うし。では次。

ファンヒーターに燃料添加剤「ゲルホーン3+」を入れてみた。

家の中を探したら、昔、子供が液体の薬を飲むのに使用したシリンジがあったので、これを使って4.5mL測ることにしました。撮影は勉強中の下の子供。邪魔してすまん。

タンクを満タン(9L)にした後、ゲルホーン3+を投入!

ではドキドキの初点火です。

気化器を開けたので最初少し白い煙などは出ましたが、安定した青い炎で特に問題無し。ひとまず安心。火事になることはなさそうです。

ゲルホーン3+のファンヒーターへの効果は?

さて私も皆さんも気になるファンヒーターへの燃料添加剤の効果はどーなのよ、です。

とりあえず、がんがん燃やしてみました。ファンヒーターの前に座って様子を見ていての第一印象は

なんか今までより熱くね?

っていう感じ。

本体が熱いわけではなく、吹き出してくる熱風がこれまでよりもやたら熱い気がしました。

これが「燃焼効率」が良くなったってことなのか、それとも気のせいなのか・・・ 正直分かりません。すいません。

下の子供は俺の意見に同意してくれましたが、カミさんはあまり違いを感じないと。チッ!

まあ、同時に気化器のニードルも掃除しているので、仮に良く燃えるようになっっていたとしても、本当にゲルホーンの効果なのかは現時点では分からないのが実情です。

これがホントのファーストインプレッション。

添加剤で換気やE13エラーはなくなったのか?

そして何より肝心なのは換気やE13エラーがなくなったのかどうか、です。

作業当日の2018年1月27日の日中は全くエラーは出ませんでした。

しかし「換気」やエラーが出るのは、基本的には寒い朝。

現在、2018年1月28日(日)の朝5時40分。朝4時半から起きて「換気」が出るか、検証しつつ文を書いてます。

まあエラーが出なくなったとしても現時点では気化器の清掃のおかげか、ゲルホーン効果かは、断定はできないんですけどね。

今現在、60分ほど運転して10℃の部屋が19℃まで上がってきました。いつもなら「換気」の時間ですが、今日は大丈夫そう。

この後はまた追記していく予定です。お楽しみに。

とりあえず現時点では、ランドマスタージャパンさんの見解を信じ、私はゲルホーン3+を推したいと思います。

もしゲルホーン3+を試してみようと思った方にはぜひお願いです。

ゲルホーン3+を入れる前後での「熱さ」のご意見をぜひコメントください。自分の感覚が気のせいなのかどうかが気になりまして・・・

換気エラーが無事に出なくなれば、当面は給油の際にゲルホーン3+を入れ続け、最終的にまた気化器を開けて「汚れがどうなったか」の写真を撮りたいと思います。ピカピカになってたりするのかな? 楽しみ。

でもそれよりなにより当面はE13の撲滅が最優先ですけどね。

2018年2月1日追記

さて、1月27日に気化器のニードル洗浄、そして燃料添加剤ゲルホーン3+を投入して約5日経過。

ひとまず換気サインやE13エラーは全くでていません。いい感じです。

しばらくの間は、18L購入した灯油にゲルホーン3+を9mL先に入れてしまうことにしました。

「熱風の熱さ」については、最初程感じなくなりました。でもやっぱり以前よりはやや熱風は強いような気がします。

その他、感じたのは、一定温度を保っている時の挙動です。我が家はだいたい20℃設定なのですが、20℃をキープしている時の動きが今までは

「ぶぅ~ぶぅ~」

という感じだったのですが、燃料添加剤を入れてからは

「ぶぅ~~ん、ぶぅ~~ん」

という感じに、長くなった気がします(伝わるかな?)。

といったところがセカンドインプレッションでした。

今日から明日にかけてまた雪予報。寒い朝でも「換気」を出さずに耐えて欲しいものですわ。

2018年2月3日追記

ファンヒーターに添加剤を入れて1週間。添加剤の効果なのか、気化器を掃除したからなのかはまだ不明ですが、非常に順調で平穏な日々を過ごしています。いいぞ、いいぞ。

とりあえずこのまま灯油購入時にゲルホーン3+を投入を続け、次のエラーが出るまでは様子を見ることにします。

気化器系が問題なければ、次のエラーはフレームロッドかな?

とりあえず今季も新品購入は免れそうな雰囲気。頑張れ、俺。

2018年2月8日追記

2月6日の朝、急な換気からのE13エラーが! なんてこったい。

やはり冷え込んだ朝で灯油が空に近くなってきた時でした。そんで部屋があったまってきた時ね。いつも同じ。

とりあえず給油したらその後は治まりました。当面はタンクをなるべく空っぽにしない作戦で乗り切りたいと思います。なんとか1ヶ月ぐらいは平穏に暮らしたいぞ。。

2018年2月20日追記

2月6日に一度エラーが出た後は再び平穏の日々が続きました。

その後、2月19日の朝にエラーまではいかない「換気サイン」が。灯油が減ってきていたので給油したら治まりました。

そろそろ一度フレームロッドの研磨はした方がいいかもしれませんね。

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする

コメント

  1. ハクホウ より:

    はじめまして。

    私もダイニチのブルーヒーターで換気エラーに泣かされています、やはり部屋が冷えている時に発生、部屋が少し温まると出ない状況です。

    当然フイルターは掃除しても駄目でした。

    たくべやさんのような分解掃除は自信がないので添加剤で試して見ようと思います。

    • tak より:

      ハクホウさん
      コメントありがとうございます。
      ほぼ同じような症状のようですね。良くなることを祈っております。
      「寒い朝、灯油が少なくなった時」が危険です。面倒ですがこまめに給油することで結構回避できそうな気もします。
      また何かあればコメントお寄せください。

  2. きくえもん より:

    はじめまして!
    ダイニチブルーヒーターの換気エラーに困り果ててこちらにたどり着きました(^^;)

    うちは北陸で、今回の豪雪で毎日極寒の中使用しているため、室温が10度になる前に換気エラーが出ます。
    おかげで室内でもコートを着て過ごすレベルです(笑)

    こちらの記事を参考に、気化器交換以外はすべて試しましたが、全く効果なしでした。しかも灯油満タンでも関係なしなので、もっと他の原因なのかもしれませんね。

    添加剤いけるかも?と思ったのですが、やはり寒い朝はダメみたいですね。。。
    もう諦めて買い替えかなと思いはじめてます。

    ちなみに購入は5年前です。

    • tak より:

      きくえもん さん
      初めまして。コメントありがとうございます。
      参考にしていただき嬉しいです。ですがダメそうですか・・・残念です。
      なんとか粘るのも良し、思い切って新品を買うのも良しです。特に今年の日本海側は大変そうですし。
      換気エラーのせいで体調崩さないよう、豪雪に負けずご自愛ください。

  3. きくえもん より:

    ありがとうございます!
    来週また冷え込むらしいので、新しいのを買って寒さを乗り切り、ぬくぬくとした部屋であれこれ足掻いてみようと思います!

    • tak より:

      きくえもん さん
      新しいファンヒーター、うらやましい。
      あれこれ足掻いて何か分かったらまた教えてください!

      • きくえもん より:

        わかりました!
        本日ニューマシン(コロナSRシリーズ)導入しました!もう2月って事でかなり安くしもらいました(^^;)
        我が家はワンルームでしかも雪国、部屋干しは避けられないので、この際、洗濯洗剤、柔軟剤をノンシリコンに変えることにしました。いわゆる石けん洗剤&クエン酸です。
        これで内部のシリコン付着がどのくらい防げるか、実験です!

        長々と失礼いたしました!

  4. ストーブ屋さん より:

    こんばんは
    記事、楽しく読ませていただきました。
    フレームロッド&気化器の交換で治らないとのことですが、エラーが出て消えるときの炎の大きさはどれくらいですか?
    室温が設定温度まで上がって炎が最小まで小さくなっていませんか(ブルーの炎ではなくバーナーが赤色になっている状態も問題なし)通常はこの状態でフレームロッドが感知してればエラーは出ないはずです。原因としてはストーブのそばでスプレーの多用と洗濯物の室内干しの攻撃でフレームロッドにシリコンがすぐに付着しているのではないでしょうか。
    もしシリコンのせいでないとした場合気化器のつまりが考えられますが、この場合は炎が強くなったり弱くなったりして判断できます。ですが気化器は新品と交換したのでこれは該当しないと思います。
    次にポンプですが通常は正常に燃焼するのでこちらも問題なしと判断できます。
    まず、フレームロッドを磨いてしばらくは正常に機能するがある期間使用するとエラーが出る、この状態はフレームロッドが炎を感知していない(正確にはフームロッドは炎の熱を感知しているのではありません、炎の中を通る弱電流を導通させている μA程度の弱電流)
    対策としては、①フレームロッドを磨いて弱電流が通りやすくする、これで一時的にでも正常に機能する、微小燃焼でエラーが出ないのであればシリコンの多用が原因と判断される(磨くときはできるだけたくさんの面積をきれいに磨くこと)
    ②もう一点はフレームロッドとバーナーの距離ですね(プラグでいうところのギャプです、微小燃焼になると当然ながら炎が小さくなります、この炎がフレームロッドまで届いていないと当然ながら導通しません、結果として換気エラーが出ます。
    ギャップの正常値は3.5~4.0mm程度です。
    フレームロッドが赤くなるのは熱を受けたからの現象で機能とは無関係です。またフレームロッドがシリコンで導通しなくなったかの確認は端子の部分とフレームロッドの部分の導通をチェックするとわかります。また弱電流が通るのでちょっとの弊害でも導通不良になります、丁寧に磨いてください。このパーツはハード的に壊れない限り磨けばもとに復帰します。
    まずは、フレームロッドをきれいに磨きストーブを燃焼させる、燃焼が落ち着いたら温度設定をLoまで一気に下げて炎を最小にする。この状態でしばらく様子を見て①エラーが出て消火するのであればフレームロッドがまだ汚れていて導通がよくない。②炎が小さくてフレームロッドに届いていない=導通していない。のどちらかだと判断されます。

    • tak より:

      ストーブ屋さん 様
      初めまして。いつもはお名前に「さん」をつけるのですが、お名前が「さん」なので「様」にしてみました。
      むちゃむちゃ長文の役立つコメント、本当にありがとうございます。
      エラーが出て消える瞬間の炎の状態は把握できてません。次出たら注意してみてみます。
      なるほど、炎が最小の時にフレームロッドがしっかり検知するか否か、ですね。なるほど。ガッテンです。
      最近はエラーが出ていませんが、次にエラーが出たらしっかりフレームロッドを磨いて、かつほんの少しだけバーナーに近づけてみようと思います。

  5. ぽこぽん より:

    同じ悩みを抱えている方が、こんなに多くいらっしゃるとは思いませんでした。
    私も、その一員でした・・・でした?・・
    【結果から言いますと、ストーブ屋さん様の書かれている、フレームロッドとバーナーの距離を調整(間隔を狭めた)して、その後エラーは出ていません。】
    ★行き着いた経緯>>
    最初は、定番のフレームロッドのシリコン剥離と、気化器の掃除を行いました。
    掃除後に正面のカバーを開けたまま点火して見たところ、バーナーからの炎がロッドに届いている(この時の炎は、ブォー~~っと勢いよく・・)のを確認し、これでOKだろうと思い、正面フタを閉じて通常使用しました。
    しか~し、程なくE13-換気が出てまたまた停止。
    その時の状況は、点火後に設定温度(この時は20℃)に近づき、温風音(バーナーのブォー・・と言う音)が弱くなった後でE13-換気が点滅し、停止しました。
    ・・!?ハタと気づいたのが、送風が弱くなったのは、バーナーの炎が小さくなったから・・か?と言うことは、ロッドに炎が届いてないのか??
    と言うことで、もう一度正面を開いてロッドをジワ~~と曲げて(ポキッてなったら困るので)隙間を半分(4mm→2mm:見た目なので正確ではないです)位に狭めて、再度試験運転。 ドキドキ ・・
    な~んと、その後は、E13-換気にはなりませんね~
    とりあえず、これで当面大丈夫だろうと思っています。
    後で色々調べると、ロッドは炎を感知する時に、炎がうまく届かないと電流を検知しないことがある・・と言う文書をどこかで見て、間隔を狭めることを思いつきました。
    また、そのご色々調べている内にこのブログにたどり着きました。
    皆様の一助になればと思い、投稿致します。。
    なお、当然ながら、全て自己責任で(^_^)/ 検討を祈ります(^_^)/~

  6. ストーブ屋さん より:

    先だって書きました内容と相反するかもしれませんが、最小の火炎にしたときにバーナー(金網の部分)全体が赤くなって燃焼しているのは問題ないのですが、いまにも消えそうに燃えている場合(言葉での説明が難しい)、(バーナーの表面が赤い部分と黒い部分がある状態)この時に最大まで火力を強くすると強くなる(MAXまではならない)が弱くすると消えそうな状態になってしまう、このような場合はポンプの吐出部にゴミが詰まっている可能性が大です。ポンプの出口はとても細くかつ逆止弁になっているので小さなごみでも引っかかった場合は弱燃の時(ポンプがゆっくり動く時に油の通過量が不足して失火します。もちろん普通に燃焼しているときでも通過量は少なくなっています。型番によっては燃焼の吐出量が表示される機種もありますがこれでみるとポンプは沢山送っているのに燃焼が弱い等の状況がこれに当たります.
    フィルターを通過したゴミでもこの部分に詰まる若しくは逆止弁の間に挟まって油の通通過量が不足して失火する場合があります。
    気化器内部がカーボンで詰まった場合は取り外した気化器からピストンやロッド等を全て外してから、数回水洗いをする、軽く水切りをした後ヒーター部分とノズルの先部分をガスコンロで焼きます。最初水蒸気が出てきてその後に火炎が出るので出なくなるまで焼く。(火炎が出るのはカーボンの燃焼)その後焼けたままの状態でシリンダ内に水を注ぐ(水蒸気爆発がおきます)これを2~3回繰り返す。後はひたすら水で洗浄、、、
    配管を口で吹いてみて詰まりが解消していればOK、理想は真空ポンプで水を吸い上げてみるのが良い。
    このパーツは真鍮製なのでがんがん焼いても大丈夫です、それとこのパーツはそれほどシビアな物では無く気化されたガスがノズル側に行くかタンクに戻すかの切り替え弁だけの物です。
    少し乱暴な整備ですがダイニチは構造が単純なので問題なく直ります。
    因みにピストンの先の細いピンの部分はノズルの先端がカーボンで詰まった時の掃除棒です、燃焼中はピストンが後退していてタンクの戻りラインを塞いでいて消火した時にヒストンがスプリングの力で戻りノズルを瞬時に閉鎖して不燃ガス出ないようにしています、このときにチョイと細いピンでノズルの詰まり防止で掃除しています。

    またバーナー(金網の部分)もセンサーの導通部分です、本体のアース → バーナー → 火炎 → フレームロッド の順で電流が流れますのでバーナーの表面もペーパー等で磨くと効果があります。

    まとめ
    しっかりした炎があるのにエラーが出て消える場合はフレームロッドの汚れ疑い。
    弱々しい炎でエラーが出て消える場合は、ポンプの詰まり或いは気化器の詰まりを疑う。

    • tak より:

      ストーブ屋さん 様
      再びの大変役に立つコメント、本当にありがとうございます。
      なるほど、ガッテンの連続です。でも教えていただいた気化器の洗浄方法はちょっと怖い。。
      私の場合、「ポンプの吐出部のゴミ」は、可能性大です。
      しかし現状まあまあ安定しているので、ひとまずは様子を見ることにして、このまま乗り切れれば、シーズンオフにポンプの分解掃除にチャレンジしてみようかと思います。
      私の記事よりコメントの方が圧倒的に役立ちそうです。
      ありがとうございました!

  7. ぽこぽん より:

    投稿して直ぐの残念な再投稿です。
    約3週間前にロッドの間隔を調整して無事に過ごしていたのですが、昨夜、設定20℃で運転士ていえ、室温が18℃くらいになった時点で「E13-換気」→停止が再発しました。残念。。
    しばらく時間をおいて再度「運転」(この時は室温14℃)し、徐々に室温が上がって17℃くらいで、また「換気」が点滅。
    急いで温度設定を↓↓して、16℃まで下げたら、「換気」点滅表示が無くなり室温16℃で安定運転しました。
    その後、温度設定を17℃に上げましたが、それでも安定運転しました。
    これは、どういう状況だろう?温度設定が高いとダメなのかな?などと思いつつ、そのまま使用しました。
    設定は17℃までで、18℃以上にはしませんでした。今度時間がある時にやってみます。

    • tak より:

      ぽこぽん さん
      初めまして。貴重なご報告ありがとうございます。
      「投稿して直ぐの残念な再投稿」、申し訳ないのですが笑ってしまいました。
      そうです、「直った!」と思わせといて、油断すると出てくるのが「E13」ですので。
      再びストーブ屋さんからアドバイスをいただいています。ぜひ参考になさってください。
      ファンヒーター生活も長くてもあと2ヶ月程度でしょう。お互い頑張りましょう!

      • ぽこぽん より:

        takさん
        激励コメント、有り難うございますm(_ _)m。
        「頑張るぞ~!」・・・て、自分ではなくてファンヒーターに言いたい。。
        なんとか桜の時期まで・・ほん~っとに、頑張ってもらいたい。
        ファンヒータ~~ ファイト!(^^)!

  8. ストーブ屋さん より:

    我が家の一台もたまに燃焼中に換気が出て止まります、フレームロッドOK 電磁ポンプOK 気化器OK バーナーOK でも燃焼中に止まるときは止まる又止まらないで調子の良いときもある、なんとも不思議なダイニチヒーターである。各パーツは何度分解組み立てしても良いときもあればダメなときもある。皆さんの意見を参考に別の角度から検討してみました検証した場所は基盤です、一番有っては欲しくない箇所ですね 笑。まずフレームロッドの電流が確実に基盤内に届いているかコネクター部分にテスターを繋いで通過電流値を計測していると以前測定したときと数値が大きく違っていたのに気がつき換気信号回路のコンデンサーの容量を計測しみたら計測毎に容量が変わるのでコンデンサーを取り外して単体で計測しても同じ状況になった、これを元にコンデンサー不良(外見上は膨らみ液漏れ無し)と判断して交換したら通過電流値が炎の大きさに正確に反応するようになりました現在の所順調です。コンデンサーはパーツの中で経年劣化しやすい上に熱を受けると寿命が極端に短くなるパーツなのでこれがビンゴの様です。炎を感知しての通過電流も安定したのでまず大丈夫と思います。これを元に以前のレポートの一部は間違いとなり得る可能性がありますのでご了承の程ヨロシク。ここ数年無線の方を休んでいたので基盤内のチェックに気が向きませんでした。このコンデンサーの交換をやってみたいという方がおりましたらご連絡を、、、。

    • tak より:

      ストーブ屋さん 様
      3度目の詳細なレポートありがとうございます。
      コンデンサーですか・・・ ついに来るとかまで来たという感じです。
      コメントを拝見した限り、我が家のファンヒーターのコンデンサーもなんか弱ってる気がします。。
      悩んでいる皆さんの福音になるかもですね。ありがとうございます。

  9. ストーブ屋さん より:

    皆さんこんばんは
    後最後の問題、微少燃焼が続いたときに炎が小さくまた2~30秒ごとに強くなる減少ですが、ご存じの方がおられるとは思いますが蠣のような対処方法がネットに有りました、メーカーの決まり文句の綺麗な灯油を使いなさいと燃焼停止を5回繰り返せとの説明です、これでダメなら気化器の不良みたいです流石にここの中は神の領域手も足も出ませんですね。

    炎が大きくなったり、小さくなったりする対処方法
    灯油をガス化する気化器という部品は、ヒーターのオン/オフで温度を制御しています。このオン/オフによって火力が変動する場合がありますが、異常ではありません。

    設定温度を下げ「Lo」にして3分以上燃焼させ、安全装置が働いて消火してしまったり、ニオイがでる場合は次の手順で症状がよくなるかお試しください。

    油フィルターまたは油受皿を確認します
    カートリッジタンクを取り出して油フィルターと油受皿の灯油にごみや水がないか確認してください(参照:灯油の確認)。その後、灯油に異常がなければ、点火/消火の動作を5回くり返してください(参照:油フィルターと油受皿の清掃方法 )。
    油受皿内の灯油が変質していないか、ニオイ(すっぱいニオイがする)・色(黄色みがかっている)を確認します。
    変質している場合は、油受皿とカートリッジタンク内の灯油を捨て、新しい灯油を入れ替えてください(参照:不良灯油は使わないで!。その後、点火/消火の動作を5回くり返してください。

    心なしかこの5回チャレンジをすると少し良くなったような気がするのは私だけでしょうか。

    コンデンサーの交換をする方への交換箇所についてはこのページを利用させて居ただけますようお願いいたします。

    • tak より:

      ストーブ屋さん 様
      既に私のブログ全てを超えるレベルの量のありがたい情報をありがとうございます。
      「点火/消火の動作を5回」は簡単に試せますし、やるべきですね。
      コンデンサー交換の件でご利用いただくのは問題ないです。
      私も今のファンヒーターが完全に逝っちゃう前にはお願いするかもしれません。まだまだ延命させたいところではありますが。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  10. いっちゃん より:

    初めまして、takさん。
    このブログには大変!!お世話になっております。

    いつもコメントしようと思っていたのですが、文章をうまく起こすことが苦手でして2~3時間悩んだ末に文面がメチャクチャで消去ということを何度も繰り返しをしてきました。でも、今日はなんとかお話を聞いてもらいたくてやって参りました。

    私、ダイニチのファンヒータ歴が長く買い換えをする度にいつもこの換気(E13やE03)に悩んでおります。
    シリコン付着によるエラーは分かっているのでノンシリコンのヘアケア製品を使ったり、ドライヤーなどを使用するときは本体をOFFにしたりドライヤー使用後は換気するなど対策はしているのですがいつもシリコンが付着しているのです。全くやるせない話です・・・。毎回これで買い換えをするのも腹が立つので(笑)自分でできることはやってみようと、ネットで検索してシリコンを取り除くことも覚えました。でもお察しの通りすぐにエラー停止。で、いろいろ探している内に「たくべや」に辿りついた訳です。救いの神でした!で、気化器の掃除まで頑張ってやってみました!そしたらなんてことでしょう!!
    連続運転3時間のメロディー音を何シーズン振りでしょうか、とにかく超久々に聞くことができました!!(今回の機種は9年目になります)
    ホントtakさんのおかげです♪ありがとうございましたm(_ _)m
    しかしながらこの幸せもつかの間・・・換気サイン&エラー音で停止。のルーティーンが再び!!
    わたくしコテコテの説明書苦手女子であります。機械も得意な方ではありません。でもできることは自分でしたい主義であります。今回は気化器の掃除までが限界と今は思っています。あとはそのフューなんちゃらかゲルなんちゃらという液体に助けてもらうしかないと思っています。(でもtakさんはそれでもエラーが出たんですよね?)

    長文になってしまい申し訳ありません。
    でもtakさんには3時間連続運転のメロディー音を聞かせてくれたお礼が申し上げたくてやっと・・・・やっと!コメントすることができました。おそらく何を書いてあるのか意味が分からない箇所が多数かと思います。お許しください。
    今後ともお世話になります。
    そして最後に。。。フレームロッドの掃除のしすぎでしょうか、グラグラするようになってしまいました(T_T)まずいでしょうか?

    • tak より:

      いっちゃん さん
      初めまして。渾身のメッセージありがとうございます。むちゃくちゃ嬉しいです。
      「連続3時間のメロディ」が久々とのこと、ツボに入ってしまい笑いが止まりません。すいません(笑)。
      なんか使い方や環境により同じエラーでも主要因は様々な気がします。
      我が家の場合、ゲルホーン3+を入れた後、一度エラーは出ましたが、その後は順調です。
      むっちゃ寒い日の朝、灯油残量が少ないと我が家ではエラーが出やすいので、面倒ですがこまめな給油でしのいでいます。
      「フレームロッドがグラグラ」はあんまりよろしくないとは思います。が、あとは自己責任の世界ですね。
      文章は消去せずに勢いで書いていただいて大丈夫ですよ。今の俺も相当酔っ払いですし。
      また遊びにきてください!

  11. ストーブ屋さん より:

    こんばんは
    微少燃焼及び設定温度到達後の微少燃焼時の失火対処の方法を見つけました。
    原因は気化器内の温度センサーの温度感知誤差による物と判断されます(この現象の原因はセンサー部の劣化?基板パーツの劣化?)いずれにしても悪い方にトラブることは無いようです。どの部分でも故障、劣化、老化?が起これば失火の方向に作動するように作られています。
    コンデンサーの場合と同じようにこちらは温度センサー回路に固定抵抗を追加することで対処できます。

    今回も希望者のみにお伝えしたいと思いますので希望者がおられましたらヨロシクお願いいたします、どちらも多少の電子回路を触れる方(パーツの半田付けが出来る程度)のみ対象です。

    • tak より:

      ストーブ屋さん 様
      既に私では理解できない領域に突入された感じがします。。
      たくさんのコメントありがとうございました!

  12. いっちゃん より:

    takさん返信ありがとうございます。感激です!
    面白かったですか?喜んでいただけて良かったです♪
    でも久々の感動でしたよ、本当に♪

    さて、なぜフレームロッドがグラグラするようになったのかは不明なのですが、とりあえず動いているのでそのままにしています。
    だって、私にはこれ以上の分解はもう限界ToTコワイコワイ
    でもグラグラはきになるなぁ・・・・と思う月曜日の寒い夜でした!
    話を聞いて(見て)いただいてありがとうございます!

    • tak より:

      いっちゃん さん
      まあグラグラでも動いていれば多分大丈夫でしょう。
      今日もいっちゃんさんが「連続3時間のメロディ」を聞けていますように。
      我が家は3分前になったので「延長ボタン」を押しました。

  13. ダイ より:

    こんばんは、乱文失礼いたします。
    我が家のダイニチさんは炎が小さくなったり大きくなったりし、気化器のシュー音が一定でない状態です。
    色々試しましたがダメなのでストーブ屋さんのアルミコンデンサー交換と温度センサー回路に固定抵抗を追加の仕方を教えて頂きたいのですが…
    突然でごめんなさい。

    • tak より:

      ダイ さん
      初めまして。コメントありがとうございます。
      さて、どうしましょうか。私では全く分からないのでストーブ屋さんからのコメントをとりあえず待ちましょう。

  14. ストーブ屋さん より:

    takさん ダイさん こんばんは
    気化器のシュー音が一定で無い状況ですが、Lo設定時の微少燃焼若しくは設定温度まで室温が上がって微少燃焼になった状態の時になるのでしょうか。
    現在は、フレームロッドの清掃(磨き)が出来ていて、気化機内のロット周りのカーボン除去が終わっていると理解して良いのでしょうか。
    因みに、気化器を分解したときの内部のピストンは流量調整では無くオンオフのシャットバルブ機構です、流量調整はヒーターのオンオフと電磁ポンプの動作速度で制御しています。
    現在の故障状態が分からないのですが換気が出て停止する或いは炎が普通にある状態で停止する若しくは微少燃焼時に停止する、間隔等は一定しないが使用中に換気のアラームが鳴って止まるときがあったり止まらないときがあるなどの詳しい状況をお知らせ頂けますか。
    それとストーブの型番をお願いいたします。
    センサー回路の追加パーツは製作品があるので無償で差し上げます、何らかの方法で住所をお教え下さい。

    いっちゃん さん こんばんは 
    センサーロッドのグラグラは機能に全く問題ありません。もしかしてフレームロッド固定プレートのネジがしっかりと締まっていないのではないですか。(違ってたらごめんなさい)

  15. いっちゃん より:

    takさんこんばんは。
    3時間連続運転はエラーも出ずメロディー音も聞けております♪
    ありがたや~ありがたや♪

    ストーブ屋さん
    はじめまして。
    検索かけて見てみたところこちらの方と同じ状態になったみたいです。
    http://sitifukuzin.com/blog/?p=52031
    でも、この方のようなことは未熟な私には無理かなと・・・。
    そんな感じです!

    今日も今のところ2時間止まらず燃焼中です!

  16. ダイ より:

    takさま、ストーブ屋さんさま、いっちゃんさま

    この度は突然お問合せし失礼致しました。

    又、こんな夜分に失礼いたします。

    こんなわたしにお心遣い感謝致します。

    今回、ダイニチブルーヒーターでE-3が出て点火出来なくなりました。

    何とかならないかとネットで検索していたらtak様に巡り合いました。

    早速参考にして
    ・フレームロッドの清掃、バナー部分とその周りの掃除、燃料ポンプ分解掃除して組み立てしました。
    動作させると点火し動作し始めましたが気化器から出ているガス化した燃料噴射の音が一定では無く、時々急に強くなる状態が 温度設定に関係無くなり、又、熱い強い温風が出ない状態である事に気付きました。

    致しかな無いので気化器を分解し、インジェクションクリーナーとパーツクリーナーで掃除、ニードルはコンロで炙り真っ赤にして完全燃焼させて綺麗にしました。

    その後、再度組立、熱い温風は出るようになり改善しましたが炎が時々大きくなる事は改善しませんでした。

    再度こんどは気化器もコンロで炙り燃やし組付けましたが時々急に炎が強くなる症状は改善しませんでした。

    後は燃料タンク掃除?、基板???わからないけどここまで来ると何とか改善したい…となった次第です。

    色々お心遣い感謝ありがとうございました、ストーブ屋さんに連絡してみます。

    ダイより