地図の縮尺と等高線の教え方のポイント

最近、勉強小ネタが多いです。

さて小五の娘の勉強指導、今回は地図の縮尺。

それに付随してでてくるのが等高線の問題です。

今日は縮尺と等高線の教え方のポイントをまとめてみます。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336

地図の縮尺と等高線の教え方

まず縮尺ってなんですのん

だいたい縮尺ででてくる数字は1/25000か、1/50000の2つ。

「実際の距離を25000分の1に小さくして地図にしてるんだよ」

に対し、?????な娘。

まあ25000とか50000とか言われても実感ないのはしょうがないかなと思います。

そこでWEB情報を参考にグーグルの地図で倍率をくりくり変えながら同じ説明をしてみました。自分の家を中心にして。

うーん、分かってもらえたかな。家の形が分かるような地図は1/500ぐらい。世界地図は1/5000万とか。なんとなく理解できた感じです。

地図の縮尺の計算のしかた

実際の距離を1/25000とか1/50000にして書かれたのが地図。

パターンは3つ。

1 実際の距離が出てて地図上の距離を出す

2 地図上の距離が分かっていて実際の距離を出す

3 地図上の距離と実際の距離が分かっていて、縮尺倍率を出す

ではひとつずついきます。

と、その前にポイント。

1km=1000m=100000cm

の換算は完璧に理解させておきましょう。

整いました! ♪メートルに00つければセンチメートル~

ってのを今、思いつきました。つかえるかな。

1 実際の距離が出てて地図上の距離を出す

例題 実際の距離が2kmのとき、1/25000の地図での長さは?

まず上記換算で単位をcmにします。

2km=2000m=200000cm

そして、1/25000なので、25000で割ります。小さくするってこと。

よって、200000÷25000=8 で8cmになります。

2 地図上の距離が分かっていて実際の距離を出す

例題 1/25000の地図で地図上の距離が4cmのとき、実際の距離は?

地図上の4cmを25000倍したのが実際の距離。

よって、4×25000=100000

この100000の単位は「cm」。で、mかkmに単位を直します。

100000cm = 1km

で、答えは 1km です。

3 地図上の距離と実際の距離が分かっていて、縮尺倍率を出す

例題 実際の距離500mがこの地図では2cmになります。この地図の縮尺は?

まず実際の距離を cm に直します。

500m = 50000cm

それで50000cm が 2cm に小さくなっています。じゃあどのくらい小さくなってるかが縮尺。

式は

50000 ÷ 2 = 25000

答えは 1/25000 です。

ってな感じ。これで分かってもらえたかなあ。。ちょっと心配。

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする