スポンサーリンク

シャワーヘッドを「助太刀」に交換してみた。果たして噂の水圧は? 節水効果は?

今日はシャワーヘッドを交換した話です。

これまで使ってきたのは、TOTOのストップボタン付きのシャワーヘッドなのですが、ここ最近

「水圧が低くて髪を洗うのに時間がかかる」

「水を流しっぱなしで水道代がもったいない」

という話がでてきました。

俺は特に感じないのですが、髪の多い女性は何かと不満をお持ちの様子。

そこで、水圧の強いシャワーヘッドの検討を始めたのでした。

水圧の強いシャワーヘッドの検討

我が家の女性陣の希望をまとめると

「水圧の強いもの」

「ヘッドの手元でストップ機能があるもの」

「なるべく広範囲なもの」

「シャワーヘッドが軽い」

とのこと。なるほど。

今のTOTOのシャワーヘッドは手元ストップ有りで、割と広範囲タイプです。だから今のやつにパワーがつけばOKってことですな。

逆に不要な機能は、「ヘッドの角度が変わる」とか「水の質を変える」とかですね。

※「水の質」は女性陣に言ったら欲しがるので、あえて言わなかっただけですが。

といった観点でWEBや実店舗で調査を開始しました。

実店舗で売れ筋と思われたのが「アラミック」というブランドの製品。

例えばこれとかですね。

なかなか良さそうですが、価格もやはりなかなかのものです。

さらにWEBで情報をあさっていたところ、気になったのが「助太刀」なる製品です。

シャワーヘッド「助太刀」とは?

「助太刀」は九州の「田川化工」という会社が作っている製品です。

大きい会社ではないようですが、なんか製品への愛を感じますね。

とにかく助太刀のレビューを見ると、

節水と水圧に良い評判が多いです。

特に水圧は痛いぐらいだとの意見も。

基本仕様には手元ストップ機能はないみたいですが、ちょうど新製品がでていました。

画像

助太刀新製品ラインナップ

ふむ、これなら要望を満足させられるのではないかと考え、買ってみたのでした。

シャワーヘッド「助太刀」が届いたぞ

今回は楽天市場で購入。

箱はシンプル。業務用っぽいぞ。

箱の裏面。

さあご対面。右下が止水のためのジョイントですね。

ちなみにこれが今のシャワーヘッド。いつ買ったのかは忘れちゃった。

んで、外して助太刀と止水ジョイントをつけてみました。

実は1回目は、ジョイント部分からの水漏れが多く、何度かやり取りした結果、交換品を送ってもらいました。太陽セランドさんの対応は良かったですよ。

シャワーヘッド「助太刀」のレビュー

さて助太刀の感想を。

まず助太刀の水圧ですが、これは確かに強烈です。水栓を全開にすると当たる場所によっては痛いです。この水圧に関しては女性陣も満足とのこと。

助太刀の節水に関しては、これまでのTOTOのシャワーヘッドもそこそこ節水タイプだったみたいでほとんど変わりませんでした。これはやや残念。

助太刀の新機能である「止水ジョイント」ですが、これは出来は今一歩な感じです。まずボタンではなくレバー式なのですが、これが動かしずらいです。大人の男で片手で操作するのは固くてやりずらいぐらいなので、子供は片手ではできないと思います。

また、このジョイントの最大の欠点は、「止水した後元に戻すと水圧が著しく下がる」という点と思います。何故だかは分かりませんが、一度止水しちゃうと水圧が落ちてしまいます。水圧が強いのがウリなのに、これはいただけません。元の水栓を閉じてまた開けば水圧は元に戻るんですけどね。

というわけでこのジョイントはまだ発展途上のような気がしました。一応ジョイントはつけていますが、ほとんど使わなくなっちゃいました。

そして我が家の厳しい女性陣の意見。

カミさんは「水圧はいいけどシャワーが当たる範囲が狭すぎる」と。なるほど確かにこれまでよりはかなり狭くなっています。

前のTOTOに戻すか否かを住民投票(3人)したところ、子供2人は助太刀の方が良いとのことでした。

まあシャワーの当たる範囲の広さと水圧はトレードオフなので、まあ仕方がないところかもしれませんね。

というわけで、シャワージョイントストップには不満が残りましたが、助太刀本体は満足ってことで使い続けることにしました。

高いんだから乱暴に使うなよ、ってことでレビューは終了します。

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする