昔読んだ絵本を記録してみた【その5】

投稿日:2016年9月22日 更新日:

2016092201

子供のころに持っていた絵本を捨てる前に読み直して記録しておこうシリーズ。

これまで1冊ずつやっていましたが、どうにもスピードが上がらなくめんどくささが勝ってしまうので、まとめて読み直していきます。

今回は第5回目。「きかんしゃやえもん」「ツバメの歌」「ねずみとおうさま」「はなのすきなうし」の4冊いきます。

絵本の記録【その5】

きかんしゃやえもん

なつかしすぎる。。昭和34年初版なんですね。何度も読んだ記憶があります。「しゃくだ」っていう言葉の意味はこの本で覚えたような気がします。最後のやえもんの笑顔が素晴らしいです。

ツバメの歌

これは読んだ記憶がないなあ。一度は読んだんだろうけど。「ツバメの歌」と「ロバの旅」の2本立てです。

ツバメの歌は20世紀初めのアメリカ・カリフォルニアのお話。お祭りの日になぜかツバメが帰ってくる。ツバメ大好きな主人公がひたすらツバメを待っていて、ついにやってきた時の喜びが伝わってきました。でも絵がちょっと恐いかも。特に目が。。

ロバの旅は、ちいさいロバがいろいろな経験をしていくお話。やっぱり誰かの役に立てるっていうのは喜びが大きいのかな、と思いました。

ねずみとおうさま

小さい王様とネズミのペレスのお話。とても心があったかくなりますね。スペインの王室で小さい王様に養育係の神父さんがきかせた物語とのこと。

はなのすきなうし

「必読図書」のシールが貼ってありました。これもスペインのお話で1936年とのこと。ちょうど80年前ですね。しずかに花のにおいをかいでいるのが大好きなフェルジナンド。心配するお母さんがみんなと同じじゃないフェルジナンドをすきなようにさせてくれたところにぐっときました。俺も人の親になったからですかね。

お役立ち記事

1

ツイッター、ライン、インスタグラム等のSNSにて、自己紹介欄に、「○小→△中→□高」のような記載がよくあります。 この時使われる学校の略称や略語、略称のアルファベットをまとめたら便利かと思い、まずは東 ...

カーエアコン 2

カーエアコンが壊れました。ディーラーではなく電装屋さんに修理を依頼するべきとの情報をみたので、電装屋さんで修理してみたら確かにお得でした。

3

ハワイで使ったレインボーワイファイ(Rainbow Wi-Fi)のレビューです。JALパックなら無料なので絶対申し込むべきと思います。

4

ドコモのメッセージSとメッセージRをiphoneで停止してみたら、かなりすっきりしました。メッセージr/sの意味も分かってさらにすっきり。

SQ698S 5

セイコーの目ざまし時計が電波を受信しないので、電波時計に電波を受信させる裏技を試してみました。なかなか面白い実験でした。マジック代わりにも使えるかも!?

洗濯物が干してある 6

洗濯機にパイプユニッシュを投入して掃除してみました。排水エラーが減るといいのですが、効果はどんなもんでしょうか。

7

ヘルストロンの商売方法(無料のハクジュプラザでの体験)を考えてみました。ヘルストロンがなぜ無料で、評判よく運営できるのか、なんとなく分かったような気になりました。

-

Copyright© たくべや , 2019 All Rights Reserved.