四捨五入の教え方 小四のがい数(概数) 「とある男」に教えてもらったぞ。

こんばんは。

最近の週末は、小四の娘の塾の宿題で難しいところを一緒にやることが多いです。

理科や社会なんかは全く分からないようなところをやるので、まあ今の段階ではできなくてもいいかな、という感じです。

今回は算数。がい数ってやつです。四捨五入。

小学校の授業ではまだやっておらず、塾の授業で初めて聞いてきたばかり。

そんな状態で、宿題は当然のごとく全く理解できず。。さてどうしようかしらん。。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336

小四にがい数と四捨五入を教えてみた

まずは現状把握

初期段階で分かっていたのは

「0、1、2、3、4は切り捨て」

「5、6、7、8、9は切り上げ」

という言葉のみ。具体的にそれらがどうするのかはほぼ分かっておらず。

ちなみに最初は「きり拾て」と書いていた。。。まあ似てるしね。

で、問題にとりかかるも全く進まず。。。

とある男に教えてもらおう

上の娘の中学受験の勉強でもお世話になったのが「とある男が授業をしてみた」の葉一さん。

分かりやすい授業動画をアップしてくれています。

で、今回まずは基本を理解すべく動画を。

・・・

なるほど、相変わらずの分かりやすさ。さすが尊敬する「とある男」だけはあります。

四捨五入の教え方のポイント(自己流)

1 ターゲット選定

問題パターンは3パターン。まずは四捨五入するターゲットを決定すること。

パターン1:「〇を四捨五入」

一番分かりやすいやつ。

例えば「百の位を四捨五入」→「百の位の数字がターゲット」

パターン2:「〇の位までのがい数にする」

「までの」がポイント。「〇の位までの」がでてきたら以下のように。

例えば「百の位までのがい数にする」→「百の位までは必要な部分」→「上から百の位まで下線波線を引く」→「その左横の十の位の数字が四捨五入するターゲット」

パターン3:「上〇けたまでのがい数にする」

パターン2とほぼ同じ対応。

例えば「上2ケタのがい数にする」→「上2ケタは必要な部分」→「上2ケタ部分に下線波線を引く」→「その左横の数字が四捨五入するターゲット」

2 切り捨てか切り上げ

選定したターゲットの数字を確認。捨てるのか上げるのか。

切り捨てる! → ターゲット以下の数字を全部消して0を書こう。ケタ数間違えないように注意。

切り上げる! → ターゲットの右隣の数字を消して1足そう。ターゲット以下は隣を1にして疲れ果てたので全部0にしよう。

それでも教えにくい問題も

これでだいたいいけたのですが、やっかいなのが9が絡む問題。

例題:7953を四捨五入して百の位までのがい数にしましょう。

1 「百の位までの」なので、百の位までが必要な部分。79の下に波線下線をひく。

2 よってターゲットは5。5に〇つける。

3 5は切り捨て? 切り上げ? → 切り上げ! OK!

4 5のとなりの9を消して1足してあげよう。

ここでつまづきます。。9を消して9の下に1を書いたりします。

9に1足したら10だから、9の下は0で7に1足してあげないと・・・

うーん、と首をひねる娘。。。

ここは繰り上がりの足し算みたいになるよ。だから答えは「8000」。

・・・・

どう説明すべきかしらん。いずれ自然にできるようになる気もしますが。

だいたい百の位までのがい数にしたのに「8000」とはこれ如何に。

8000は見ため「千の位のがい数」じゃんか。。

よいお知恵があったら教えてくださいませ。

これも使ってます。

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする