たくべや

中年おっさんの経験と記録。いわゆる雑記ブログ。ただいまブログ改装中につき、表示がおかしい部分があります。

教育

キロキロとヘクト・・・で単位換算を攻略しよう。

投稿日:2016年4月18日 更新日:

久々の勉強ネタです。

小5の娘が、a(アール)とha(ヘクタール)が全く分からなかったとのこと。

そこで、上の娘の時の指導法を思い出し、「キロキロと・・・」を教えてみました。

キロキロと・・・ってご存知でしょうか。

うまくハマると完璧に覚えてくれるので、一度お試しください。

キロキロとヘクト出かけたメートルが弟子に見られてセンチミリミリ

キロキロとヘクト出かけた・・・って?

知らない人には何がなんだかだと思いますが、これは単位の覚え方のごろ合わせです。

単位がm(メートル)の場合、

km Hm Dm m(基本単位) dm cm mm

の覚え方になります。

実質はD(デカ)はほとんど使わないですけどね。

子供の今までの覚え方

2016041702

画像にあるみたいに、

km ○ ○ m

m ○ cm mm

をバラバラにして覚えていました。

で、Lの場合は

L dL ○ mL

みたいに独立して覚えていました。

それで、例えば300mであれば、mの一の位を合わせて書く→ その後、出したい単位の一の位の場所を確認する、という流れ。

まあこれでも間違いは少なくなってきたんですけどね。

キロキロ方式を導入

2016041701

でも「キロキロ」だとm(メートル)もL(リットル)も同じ扱いができます。

要領は

キロキロと・・・を唱えながら

k H D 基本単位 d c m

を書く。基本単位は適宜。

あとはやることは同じですが、教え方をWEBで発見した方法に変更しました。

それは

答える単位に小数点をうつ

というもの。

少数も普通にでてきているので、こっちの方が腑に落ちるようです。

これで間違いが減って、スピードが上がることを期待しましょう。

上の娘の時も最後は2人3脚で中学受験の勉強を頑張ったものですが、もう忘れてます。。

これから2年はもうないですが、下の娘と一緒に学習したいと思います。

ってわけで今日本屋で買ったうちの一冊。まずは入門編からね。

同カテゴリの関連記事

植木算の解き方とコツの教え方

中学受験でよくでてくる植木算。解き方やコツをどうすれば理解してもらえるか教え方を考えてみました。

-教育
-

Copyright© たくべや , 2018 All Rights Reserved.