家具のスベリ材CAP(キャップ)とカグスベールで悩んでカグスベールを買ってみた。

パソコンが壊れかけてブログどころじゃありませんでしたが、ようやく復活。バックアップは大事ですよ。

パソコン壊れかけ話は改めてまとめます。今日は書き溜めておいた「カグスベール」のネタです。

これまでにダイニングテーブルの椅子の足カバーには悩まされてきました。

これまでの悩みの記録と現状をご紹介します。

だいたいこの手のネタは同じお悩みをもつ方の参考になるはずなので、頑張って書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336

家具のスベリ材CAPとカグスベールで悩んでカグスベールを買ってみた。

テーブル購入当時、一番最初に試したのは、椅子の靴下のようなやつ。こういううやつです。

椅子の足が細すぎるのか、フローリングの滑りが悪すぎるのか、すぐに脱げてしまいました。

なので、ビニールテープでぐるぐる巻きにして固定したりしてましたが、見栄えは悪く、すぐに破ける始末。

よって、この手の椅子カバーは我が家の椅子には合わないと判断。他にいいものがないか探しました。

それが「ワイドフェルトキャップ」なる製品。

こんなの。

この製品は和気産業という会社が作っています。うれしいのはサンプルを試すことができるところ。

我が家の椅子の足は角型で、底は約25mm。SサイズがいいのかMサイズがいいのか迷うところです。

そこで、2種類のサンプルをお願いしました。以下のページでサンプル依頼や購入ができます。

和気産業の通販ページ

そんで、最終的にMサイズを購入しました。それが5年ぐらい前かなあ。

このワイドフェルトキャップを使っていたのですが、少し経ったらこれも脱げてしまうことが多くなり、再び不満爆発状態になりました。

家具のスベリ材CAPの購入

そうこうしているうちに同じ和気産業に「家具のスベリ材CAP」なる新製品を発見。これはキャップ部分が大きく脱げにくそうです。

さらに底のフェルトの部分が交換式になっているので、汚れたらそこだけ替えられます。

これはいい! と判断し再びサンプルお試しを経て購入したのが以下の「家具のスベリ材CAP フェルト付きソフトM」という商品。

我が家は椅子は5脚あるので、結構な出費ですが、これが一番フィットしました。音も少なく、滑りも申し分なし。

てな感じで「家具のスベリ材CAP」を使ってきました。記録をひっくり返してみたら初めて「家具のスベリ材CAP」を買ったのは2012年でした。

それでずっと使ってきて今現在に至ります。

家具のスベリ材CAPがダメになってきた。

そんな感じで愛用してきた家具のスベリ材CAPですが、乱暴に使うせいか、本体が壊れ始めました。こんな感じ。

また最近、滑らせた際に、フローリングに傷がつくことが多くなってきました。

これは底のフェルトが劣化し、そこに「硬い汚れ」が着いてしまったせいかと思われます。

さらにはホコリがすごく見た目に汚いです。こまめに掃除しろ、と言われればそれまでなのですが・・・

こんな感じ。こんなになる前に交換すべきなんですけどね。。

そこで、さすがに数年使用して劣化した家具のスベリ材CAPの底のみを交換しようと探し始めました。

カグスベール?

で、家具のスベリ材CAPなどのアマゾンのレビューなんかを見ていると、「カグスベール」なる製品があることを知りました。What’s カグスベール?

カグスベールはニチアス社の製品。私は知りませんでしたが、マニア?には高評価を受けているようです。

となると、俄然興味がでてしまう私。考えた末にまずはフリーサイズのやつで試してみようと思い立ち、ポチっとしてしまいました。

長くなってしまったので、カグスベール装着ネタは次回にします。

次の記事。

カグスベールを椅子につけてみた。

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする