携帯電話会社の乗り換え検討 その4  ドコモのiPhoneの料金体系を理解したぞ。

2016012210

最近、スマホの料金とかMNP一括0円はないかとか、そんなことばかりしてます。

今日は、MNP先候補のdocomoの料金体系を調べてみました。

「なんとか割」とかがたくさんあっておっさんには厳しい。。しかし大事なお金のこと。頑張って理解してみました。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336

ドコモのiPhoneの料金体系

端末購入費用

よくよく見て分かったのは、端末購入と月々の料金をごっちゃにして考えるから分からなくなっちゃうんだな、ということです。

また初期の端末を安くみせたり、逆に月々のコストを安くみせたりするため、いろいろな書き方、説明のされ方をしてますが、自分的に分かりやすくまとめたのが以下です。

狙っているのは、docomo iPhone6S 16G、これを3台で、本体部分は一括払いする前提です。auからのMNPです。また、1台は中学生の娘が利用、という前提。

2016年1月23日現在、

MNPでのiPhone6S 16G 本体:93,312円/台 → 279,936円/3台

のりかえボーナス(~1/31):-21,600円/台 → -64,800円/3台

家族まとめて割(~1/31):-10,800円/台 → -32,400円/3台

下取りプログラム(au iPhone5S 16G):最高でー21,000円/台 → -63,000円/3台

となり、下取りがMAXとして普通に購入した場合、

一括119,736円/3台 → 一括39,912円/台

となります。ここまでが基本。

※ここで分からなかったのがカメラのキタ○ラさんの記述。のりかえボーナスが -32,400円/台 となっていて、docomoショップで聞いてきた説明と合いません。WEBで探した結果、この10,800円のさらなる増額はショップ独自のもの、っていうことみたいでした。なるほど。

また下取りは、ドコモショップのお兄ちゃんの話では1~1.5万円/台 ぐらいのニュアンスでした。満額はいかないと思っていた方がいいですね。なので、下取り無しでヤフオクにでも出した方が面白いかもしれません。手間はかかりますが。

というわけで本体は、

下取り有り目安:基本が一括39,912円/台、キタムラさんでは、一括29,912円/台

でいけることが判明。あとはこの額を0円目指してどこまで近づけられるかってことになります。キタムラさんでも今3台買ったら10万近いですし。それに今MNPしちゃうと1万×3=3万円の違約金もかかります。

月々のランニングコスト

いろいろな料金プランがありますが、家族の今までの使用状況や安売り条件に合致するパターンとして以下の条件を考えてみました。

シェアパック15:12,500円+500円+500円 → 13,500円/3台

カケホライト:1,700円/台 → 5,400円/3台

SPモード:300円/台 → 900円/3台

ドコモにチェンジ割(1年間):-1,350円/台 → -4,050円/3台

学割とU25割:-800円が1台のみ。それと毎月6Gの容量

※追記 学割の-800円はチェンジ割とは併用効ききませんでした。

月々サポート(2年間:iPhone6S 16G 1月現在):-3,456円/台 → -10,368円/3台

となり、通話料は別にして

最初の1年:4,282円/3台、次の1年:9,132円/3台、その後、19,500円/3台

※追記 最初の1年は約5,000円/3台でした。

という感じです。今現在がだいたい6,500円/3台ぐらいなので、初年度は爆発的に安いですね。

学割やU25割の部分は、カケホライトじゃなく普通のカケホだともっと割引額は多いみたいですが、通話をほとんどしないので絶対額が安い方を選択しました。

容量的にも学割やiPhone割引?みたいなので3台合計21G以上はあるので今と同等。問題なしです。

この計算のキモはなんといっても、「月々サポート-3,456円」の部分です。

一般的には、この金額は端末代の分割費用と相殺して考えるみたいですが、上記のように月のランニングコストで考えた方が私は分かりやすい。

実質ゼロ円は「端末代の分割払い=月々サポート代」ですが、一括ゼロ円は端末をただでもらってさらに月々サポートを受ける、という形です。今回の例では、2年間で82,944円/台 の違いってことです。

今現在【20160123】の方針

ドコモがキャッシュバックを止めるとか、iPhone6Sを1万円値上げするとか、月々サポートが減るとか、いろんな話がとびかっています。

各販売店も「2016年1月25日で最後!!」みたいな感じで煽りまくり。特にauの案件はキャッシュバックがすごいです。

さて、本当に最後になるのか、満了月の3月まで待つのがいいのか、悩みます。。

こんな中、考えた方針は以下。

1月中に違約金を払ってでもいくなら

docomo iPhone6S 16G or 64G を3台まとめてMNP。これ1本。

iPhone6とiPhone6S の抱き合わせ案件は結構ありますが、これは無視。「6」は月々サポートが少ないから。

下取りの有無や有料コンテンツなんかで微妙に変わってきますが、

下取り有なら一括0円のみ、下取り無しなら一括0円が理想ですが、5Sの売却益も考え、一括1.5~2万円ぐらいまではターゲット。

としました。微妙な差は臨機応変に。

さて、こんな感じで2016年1月23日は安売り情報をひたすら探しています。その様子はまた今度。

次の記事はこちら
https://takubeya.com/sumaho5/

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする