スポンサーリンク

RIN 11巻を読んでみた。ややネタバレ。

おはようございます。

おとといはハロルド作石のRINの最新刊、11巻の発売日でした。

ハロルド作石は、ゴリラーマンの時から好きなんです。

RINはたまたま読んでみてはまったので、コミックスを買い続けています。いい大人ですが。

前回、武藤さんに「持ち込みは次で最後」と言われるシーンがあり、ドキドキしてました。

月刊マガジンで連載中ですが、そっちは全く見ないで、コミックスのみです。

で、早速読んでみましたよ。

RIN 11巻の感想 ちょいネタバレあり

今回は伏見君が再び自分の漫画を書き始める話。

「身体が不自由な人が自由に動けたら・・・」っていうところにうるっときました。

一番良かったのは最後の方の水野さんの喜ぶシーンですね。ジーンときました。

それと、古川さんのちょっとエロいシーンかな。いいおっさんがすいません。。

今後の滝カイトとの戦いが楽しみです。普通に「リメンバー」読みたいところ。

次号予告では、ついに凛ちゃんか本多さんかを選択するような内容が・・・

次号は12月中旬か。寒くなってるんでしょうね。

霊能力ネタは今回ぐらいに抑えて、漫画話メインで進むといいなあ。

RINの次記事
次のRINの記事はこちら

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336