たくべや

中年おっさんの経験と記録。いわゆる雑記ブログ。ただいまブログ改装中につき、表示がおかしい部分があります。

お金

エポスカードで「1%ポイント」を手数料無しでなるべく簡単にゲットする方法【失敗例あり】

投稿日:2018年5月28日 更新日:

私、今まで家庭の支払の大半をLIFEカードで支払ってきましたが、いつの間にか改悪されポイントがしょぼくなっていました。

そこで、クレジットカードの乗り換えを考え、選択したのが「エポスカード」です。

何に惹かれたかというと、

「たくさん使用しているとゴールドカードの招待がきて、その場合年会費が無料」

という点。

さらにはゴールドカードになると、いろいろと特典も増えるとか。これは良さそうです。

一方、一番困ったのがエポスカードは家族カードがない点。これだと「カミさんの使用分もなるべ同じカードにして支払ってポイントざくざく作戦」が使えません。

ここは悩みましたが、まあ致し方ないと判断。カミさんが家庭の分で使用するのは楽天カードにして、俺だけエポスカードを申し込むことにしました。

エポスカードの還元率

エポスカードも他のカード同様にポイントがつきます。しかしポイントは0.5%と他と比べるとしょぼいです。

しかし、リボ払いにすると他のカードと遜色ないポイント1%となります。

とはいえ、リボ払いにして高い手数料(金利)を払うなんて本末転倒。許されません。

というわけで、WEB情報を読み漁り、

手数料無しで確実にエポスカードで1%のポイントをゲットする方法

の手順を調べまくって、理解できたのでご紹介します。

私の場合、エポスATMが通勤経路にあるので、これを活用しています。

エポスATMが近所にない方は、コンビニ支払で、端数に対して手数料がかかってしまうかもしれませんが、ちょっとの手間と管理でポイントが倍になるので、ぜひトライして欲しいです。

以下、要点をしぼって説明していきます。簡単ですよ。

微妙に失敗した実例もあるので、参考にしてもらえればと思います。

エポスカードのリボ払いのポイント付与

エポスカードは通常の場合0.5%、そしてリボ払いにするとおまけでさらに0.5%付与されます。

1回払いを後でリボ払いに変更した場合、後日、0.5%分のポイントがもらえます。実際もらえました。

カード会社によって、考え方や処理は違うようですが、エポスカードの場合は

リボ払い設定にしておけば、いつ支払ってもポイントは1%

となります。これがミソです。

極端な話、リボ払いでカード利用→情報があがってきたらリボ増額支払いで即時ATMで支払、を行っても、ポイント1%はつきます(これは面倒すぎますが)。

なので、オススメは「いつでもリボ」設定にしてしまうことです。

設定は「いつでもリボ」にしておいて、お店等で使用する際は、「一回払い」と言えばOKです。

※リボ払いのしくみを理解できない人、例えば「毎月の支払が少なくて助かるわぁ」なんて考えている人は止めてくださいね。リボ払いの金利はしゃれになりませんよ。

エポスカードの締め日・確定日・支払日

さてこれで支払方法は全部リボ払い扱いなので、使えばポイント1%です。

あとはいかに「リボ払いの手数料をゼロにするか」です。

そのために理解しなければならないのが、「カード利用の締め日・確定日・支払日」です。

多くの人は27日支払日設定かと思います。私は4日支払日ですが。

27日支払日の場合「27日」が締め日であり、支払日です。

例えば、3月28日~4月27日にカード利用をした金額を5月27日に支払う、という流れです。一般的には5月27日に口座から引き落とされるわけです。

4日支払日の場合は、同じように

4月5日~5月4日にカードを利用した金額を、6月4日に支払う、というわけです。

一般的な使い方ならこれだけ理解していれば問題ないです。

しかし、リボ払いで、かつ手数料を払わないためには「確定日」の意味をしっかりと理解しておくことが重要です。


引用:https://faq.eposcard.co.jp/faq/show/92

上の画像にあるように

27日支払設定の場合、27日の締め日以降「翌月6日」が確定日です。同様に4日支払設定の場合は4日の締め日以降の「同月11日」が確定日となります。

通常のリボ払いでは、締め日から支払日までの約30日分の金利を支払日に払わなければいけません。

上記画像の例だと、7/28~8/27の31日分の金利が509円ってことです。

ですが、締め日後の確定日前までにリボ増額払いで支払って、対象の元金残額がなければ手数料はとられません

これが最大のポイントです。というよりここだけ覚えておけば大丈夫です。

つまり、27日支払日の人の例だと

3月28日~4月27日にカード利用をした金額を、4月28日から5月5日までにATM等で支払ってしまえば手数料はかからない、ということです。

また4日支払日だと

4月5日~5月4日にカード利用をした金額を、5月5日から5月10日までにATM等で支払ってしまえば手数料はかからない、です。

今、数えてみたら27日支払の方が期間が長いですね。これは一番短い2月を基準にしてるんですかね。

ちなみに、いつでもリボ設定であれば、締め日以前に支払ってしまってもしっかりポイント1%は付与されます。気をつけるのはとにかく「確定日前日まで」です。

まとめると

・「いつでもリボ」に設定しておく。

・締め日以降、確定日前までにATMでリボ増額払いで支払う。

だけです。

注意するのは、締め日付近で利用したデータが、増額払いするまでに届いていないケースです。

今回、このケースにあたって、ちょっとだけ失敗したので、この後、失敗例として紹介します。

失敗を経て、私は今後

・確定日前日にATMでリボ増額払いができるか確認する。払えるなら全部払う。

をしっかりやる予定です。

リボ払い手数料を取られてしまった失敗例

私は締め日は4日、確定日は11日、支払日は翌月4日 です。

そこで初めて、5月6日にエポスATMでリボ増額払いが可能な276,094円を現金で支払いました。

これで、来月まではOK! と余裕をかましていたら、5月13日の日曜日になって、5/4利用分があるよ、とメール連絡を受けました。

ない頭を振り絞って考えた結果、

5/4に利用した情報が5/6の時点ではカード会社に届いていなかったが、確定日前には利用情報が届いたもの

と判明しました。考えてみればこりゃ当たり前って話です。

特に、締め日近辺でカードを利用した場合は、確定日直前でのチェックが必須ってことですね。

本来、確定日である5/11にメールの案内が欲しかったところなので、エポスカードさんに聞いてみたところ、基本的に確定日にメールをするが、5月は連休があったので13日のメールになったとのこと。

で、13日はATMに行けなかったので、5/14にエポスATMで支払を行いました。

せっかくなので、エポスATMの画面もご紹介。

という流れです。お支払可能額と元金の差が手数料です。今回は13円取られてしまいました・・・悔しい。

お支払額の構成は

5/4利用 3,244円
5/5利用 6,579円
5/7利用 1,380円

の合計11,203円が元金です。

それで、5月4日の締め日までの分である3,244円のみに、締め日からの金利がかかったわけです。

締め日は手数料がかからないので、翌5/5から、6、7、8、9、10、11、12、13、14日で10日分。

計算は、3,244円×15.0%÷365日×10日=13.3円 → 13円 で合っているはず。

もし確定日である5月11日に連絡をもらって、その日に払えていれば、金利は7日分なので、9.33円 → 9円で済んだはず。

エポスカードさんには、

「お前らが確定日の5月11日にメールを寄こさないから手数料が4円ぐらい増えちゃったぞ、このヤロー、どーしてくれるんだ」

とクレームを入れることは可能ですが・・・やりません。

まあ、13円払うことで仕組みをしっかり理解することができた、と前向きに考えることにしました。

締め日前の利用情報が確定日以降に届いた場合

これはおまけ的な情報ですが、たまたま発生し、エポスカードに聞いてみたのでご紹介します。

先にもいいましたが、私の締め日は毎月4日で確定日は毎月11日です。

直近だと、4/5~5/4の利用分が5/11に確定する、という流れです。

しかし上述した5/4の利用分を5/14に支払った後、エポスネットで状況を確認してみたら「4/30利用分のKDDIの利用料金」なるものが存在していました。

・・・??

利用日としては4/30です。よって本来5/11に確定する分なのに、データ到着が確定日より遅くなったようです。

よって「4/30利用だけど、確定日は6/11で支払予定日は6/27」となっています。

1回払いであれば、なんら気にすることはないのですが、私はいつでもリボ払い設定。

4/30利用の通常の締め日翌日である5月5日から支払日となる6月27日までの手数料を取られてしまったらエラいことです。

なのでエポスカードに再び聞いてみました。

結論は

「利用日は4/30だけど5/11の確定日を越えてから届いたデータ」については、「5/5~6/4に利用したもの」として扱われることが分かりました。

なので、次回確定日である6/11の前日までにリボ増額払いをすれば、手数料はかからないことがはっきりしました。ほっと一安心。

まとめ

エポスカードでポイント1%を手数料無しでなるべく簡単にゲットする方法をまとめます。

・「いつでもリボ」に設定しておく。

・確定日前日にATMでリボ増額払いで払えるだけ支払う。私の場合は毎月10日。

と、これだけです。

注意点

確定日の前日(私は毎月10日)にエポスATMで、確認して払えるだけ払えば大丈夫ですが、急用、急病等で10日にATMに行けないケースも考えられます。

なので安全をみるなら、(なるべく)締め日以降に一度払えるだけ払う → 10日に最終確認 という流れが良いですね。というか俺はこれからこうします。

この流れなら10日にATMで確認できなかったとしても、大半は先に支払っているので、手数料は微々たるもので済みます(今回の俺の失敗例)。

27日支払日の人の場合は、(なるべく)締め日以降に一度払えるだけ払う → 5日に最終確認 ですね。

私の場合、利用しやすい場所にエポスATMがあるので良かったですが、無い方はコンビニATMでのお支払がいいです。

先人のブログを見ると、コンビニATMの場合、1,000円未満の残金が残ってしまい、それに対する手数料(最大12円)はかかってしまうようです。

この1,000円未満の残金に対する手数料も許せない! という方はまたいろいろやり方はあるみたいですが、その辺りは簡便性と天秤にかけて考えれば良いかと思いますね。

というわけで来月からはこんな感じで運用して、しっかりポイント1%、そしてゴールドカードのインビテーションを待とうと思います。早くこないかなあ。

エポスカードをお持ちでなんとかポイント1%をリボ増額払いで確実にゲットしたい方の参考になれば幸いです。

2018年6月11日追記

6月もやってしまった。。6月4日にカミさんがスマートパスで入れたガソリン代を残してしまいました。。

また15円取られてしもうた。。

-お金

Copyright© たくべや , 2018 All Rights Reserved.