スポンサーリンク

ワードプレスで自分の記事のコメントが表示されてしまうのをなんとかした。

このブログはワードプレスを使っています。

と、エラそうに言ってみましたが、まだまだ分からないことだらけ。

今日は、新しい記事を投稿した際に、なぜか前の記事のコメントになってしまう現象を直してみました。

最初は、なにやら訳が分からなかったのですが、これは新しい記事に、過去の記事のリンクを掲載したら出ることを理解。

これまでは、いちいち消していたのですが、あまりに面倒なので、本腰入れて調べてみました。

結果、本腰どころか、半腰ぐらいで、すぐ分かりました。グーグルは便利です。

これ、「ピンバック機能」っていうんですね。便利といえば便利ですが、邪魔といえば邪魔かも。。

で、対策方法。

対策1 ピンバック機能自体をオフにする。

「設定」→「ディスカッション設定」から設定変更できます。

画像のように「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」のチェックを外せば大丈夫です。

でも、せっかくの機能ですし、他の方とのつながりにもなりますしね。

というわけでこの対策は止めます。

対策2 プラグインを利用する。

プラグイン名は「No Self Pings」。そのままですね。

これをいつも通り、

プラグイン → 新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

で、OK。

無事、自分の内部リンクの際には、コメントに出なくなりました。めでたしめでたしです。

ただし、誰かがリンクしてくれた時、コメントになるのかはまだ未確認です。

誰もリンク貼ってくれないですし。。。

誰か、この記事にリンクを貼ってくれないかなあ。。。試していただける奇特な方、よろしくお願いいたします。

というわけで

「No Self Pings」は個人的に「必須プラグイン」とします。そのうち、記事にまとめようっと。

参考にさせてもらった記事

ワードプレス管理画面をチェックしていると、コメントが3件も来ている!?弱小サイトなのに、うれぴぃなぁ・・・良く見てみると、自分でした。んぁああ!? どうやら、自分の記事から自分の記事にリンクを貼った事でこうなったらしい。 これワードプレスの、ピンバックっていう機能らしいですね。自動トラックバック機能...

あ、このリンク、先方にコメントでいくわけだよね? いくのかな?

同カテゴリーの次記事
シンプリシティの書式いろいろ【覚書き】

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする