鳴門金時お芋さぶれ 金時のさぶが喜ばれた。

先日、初めての愛媛県への出張がありました。まあもちろん日帰り。。道後温泉に入りたかった。。

松山城にはいけました。

2016060803

というわけで出張というとお土産がマストです。餞別もないのに。。

というわけで今回は松山空港で家族ウケが一番良さそうな「金時のさぶ」を買ってみましたよ。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336

鳴門金時お芋さぶれ 金時のさぶ とは?

「さぶ」というとどうしても昔のホモ雑誌をイメージしてしまう中年です。

「さぶ」は「サブレ」なんでしょうね。当たり前か。

「鳴門金時お芋さぶれ」が本名で、人呼んで「金時のさぶ」と発します、って感じでしょうか。

製造は愛媛では有名っぽい畑田本舗。「ハタダ」っていう名前を結構見かけました。

さつまいもベースのお菓子です。

今回は、会社用に15個入り972円、家庭用に7個入り413円を買ってみました。1個あたり60円ぐらいのイメージです。

これは15個入りの箱の全景。

2016060801

表示。会社の正式名は「株式会社ハタダ」のようです。

2016060802

うーん、そこそこカロリーは高そうな原材料ですね。まあお菓子だからね。

鳴門金時お芋さぶれ 金時のさぶを食べてみた。

これが小袋。

2016061001

開けてみます。

2016061002

きれいでかわいい。ゴマがいい味だしてますね。

説明書。

2016061003

食べてみました。私にはかなり甘すぎですが、女子にはいい感じです。

確かに「ザクッ」という食感はあり、いい感じですが、その後、「すっー」ととけるはちょっと言い過ぎなのでは? という感想です。

本音では「じゃこ天」を買いたかった。。。でも家族にはウケなさそう。。

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする