たくべや

中年おっさんの経験と記録。いわゆる雑記ブログ。ただいまブログ改装中につき、表示がおかしい部分があります。

服飾雑貨等

モンディーンの腕時計のベルト交換は自分でやろう。簡単なのでお勧めです。

投稿日:2017年3月20日 更新日:

今日は私愛用の腕時計「MONDAINE(モンディーン)」の話。

買ったのはいつだったか、それまで愛用していたコーチの時計がついに逝ってしまった後、確か買ったはず。もうかなり前の話。

モンディーンの腕時計は何より見やすいし、かっこいいのでお気に入りなのですが、唯一の不満点はベルトの耐久性

特に私のような汗かき野郎が長いことつけていると、ベルトの劣化が著しいです。

しかし、モンディーンの腕時計はベルトにも味があるわけで、やっぱり純正のベルトがかっこいい。

というわけで、これまではベルトがダメになったら、新宿の東急ハンズの時計売り場にモンディーンの純正のベルト交換をお願いしていました。

価格が高いのはまあ許すにしても、交換に2~4週間かかるのが困った感じでした。

そんな中、いつものようにamazonを徘徊していたら、モンディーンの腕時計の純正の交換用ベルトが売ってるじゃないですか。

ちょうどベルトがもう完全にダメになっていたこともあり、今回は自分で交換してみることにしましたよ。

モンディーンのベルトの現状

こんな感じ。ひどすぎる。。なぜこんなになるまで使っているんだって怒られそう。



モンディーンのベルトは2種類ある?

ではまずは早速ベルトを購入。私の時計は18mmってやつです。検索してみると「ブラッシュ」「ポリッシュ」の2種類があります。なんじゃこりゃ。

ちょっと調べてみたら、ポリッシュは光沢あり、ブラッシュはつや消しらしい。微妙に値段も違うのが気になるところです。

今回は好みを優先して「ブラッシュ」にしてみました。よりシックな感じ。

時計バンド交換器具

amazonで交換用のベルトを物色していると、お約束の「この商品を買った人はこれも買ってます」っていうやつで、交換器具がでてきました。

今回の私の時計の場合、「ピン型」があればよいみたいですが、今後、家族の時計も交換することがあるかもしれません。

なので、ついでに時計バンド交換器具も購入しちゃいました。完全にアマゾンに踊らされてますね。

モンディーンのベルトが届いた

早速届きました。

これが工具。

モンディーンのベルトの交換方法

工具の「ピン型=I型」=ただとんがっている方を穴に入れてピンを外し、新しいベルトに入れ替えた後、ピンを押しながらはめるだけです。

外すのは簡単ですが、はめる時は若干コツがいるかもしれません。でもまあ大丈夫です。

参考にさせていただいた記事をリンクします。完璧な図解だと思います。

時計バンドの交換方法 | 時計ベルト・時計バンドのバンビ

では早速。交換途中の画像はさすがに撮れなかったです。家族に撮らせれば良かったぜ。

まずこれが新品。

両方のベルトを外した図。

すごく汚いのでこの時点でウェットティッシュで掃除。

後は新品をはめるのみ。上が旧ベルト。

てな感じで思っていたより簡単に交換できました。参考になれば幸いです。

しかし2万ちょいの時計なのにベルトが6000円近いのは痛いよなあ。。

なるべく汗をかく季節は時計をしないで温存したいと思います。それじゃ時計の意味がないとも言えますが・・・

これは買ってないけど比較した「ポリッシュ」

-服飾雑貨等
-

Copyright© たくべや , 2018 All Rights Reserved.