ファンヒーターのフレームロッドを再び戻してみた【換気エラー対策その14】

この記事は自分でファンヒーターを分解・修理した記録です。ファンヒーターの分解は火災の原因になる可能性のある非常に危険な作業なので、実施する場合はくれぐれも自己責任でお願いします。少しでも不安な場合は絶対に無理せずメーカー等に相談してください。

さてさて年末が近づき、今日は天皇誕生日。

11月後半に完全水抜きを行った後、近年まれにみる好調さをキープしていた我が家のダイニチ石油ファンヒーター。

しかし、12月20日ぐらいから再びの換気&E13エラー、そして運転停止。

何度やってもすぐ止まってしまうので、これはフレームロッドが怪しいと推察。

なので、前から考えていた「磨き上げた旧フレームロッドへの交換」を行ってみましたよ。

交換してから2~3ヶ月程度の使用でフレームロッドと気化器がどんな感じになったのかも気になります。

交換の仕方は過去記事に詳しく書いたので参考にしてください。っていうか自分も過去記事見ながら作業しました。

ダイニチ石油ファンヒーターのフレームロッドを交換してみた【換気エラー対策その9】

作業は2017年12月23日。朝6時から開始。昨日が冬至だったのでまだ真っ暗。

いつも通り分解していき、まずはフレームロッドの写真を遠くからパチリ。

おいおい、かなり白くなってんじゃね。。これはイカン。。

以下は新品だった時の画像。これと比べるとかなりシリコンが付着してるなあ。

次は気化器を外します。下の画像は新品時。2017年3月に換装しました。

そして2017年12月現在。それまでの使用は2~3ヶ月ぐらいだと思います。まあこんなもんなんでしょう。

かなり外が真っ黒になっちゃっているのは変質灯油のせいか。。



フレームロッドをアップで比較

磨き上げたフレームロッドと比べてみても、やはり白っぽくなっていることが分かるかと思います。

しかしこの巻き付いたスプリング状のものが非常に邪魔な感じです。なんでこんなのつけたんだろうか。。まあしばらく「スプリング付き」は使わない予定なのでまあいいや。

しかしたった2ヶ月でこのシリコン付着はちょっと困りもんです。女性陣がファンヒーターの前に座って髪を乾かすのが主原因、ファンヒーターの周りに片づけられずに置いてある洗濯物が副要因ってとこでしょうか。

今後は磨きやすい旧フレームロッドに戻したので、月1回ぐらいの簡単な磨き→シーズンオフの完璧な磨き、でなんとかなりそうな気もします。

そして「磨き上げた旧フレームロッド」を再び装着。久々なので作業にちょっと手間取りましたが、なんとかOK。

ついでにバーナー網とか燃焼室内もなるべくキレイにして元に戻しました。

さてさてどーなることやら。換気エラーメモも更新して終了。

さあ本格的ファンヒーターシーズンを無事に切り抜けられるのか。ご期待ください。

これ、今ファンヒーターメンテに使いたくてしょうがない一品です。欲しい~。

次記事
ファンヒーターのフレームロッドを磨き直し。3週間でシリコンは?【換気エラー対策その15】

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336

コメント

  1. celeron_mouse より:

    初めまして、E13エラーで検索して拝見させて頂きました

    私の場合、先ずE03エラーは、先人の教えによって何とか解決出来ましたが、
    今度は、本当に極まれにE13エラーが出ますので、E13エラーと戦っておられる
    たくべや様のトコトンな取組に期待しています

    以下ご参考迄、ダイニチE03エラー解決への私の経過です
    ①フレームロッド清掃(紙やすり・金属やすり)
     →変化なし
    ②気化器分解:ニードル清掃&筒はエンジンコンディショナー清掃
     →根本解決には至らず(火力低下、炎色不良)
    ③電磁ポンプ分解・清掃
      この電磁ポンプ分解・清掃は先人記述少なく、慎重な作業が必要です
      (分解清掃後の戻しで、プランジャの向きを間違えてしまいE02エラーで焦り
       ましたが、、、)
     →変化なし
    ④気化器の空焚き
     →最後、これで解決された先人の教えに従いましたが、効果無し
    此処までの①~④では、炎は強くならず赤い炎(火力低下、炎色不良)で
    暫くするとE03エラー。。。

      ↓ 以下解決策です

    気化器の購入もそろそろ視野にと思い、半ば諦めかけていた所、、、、
    下記に、素晴らしい先人の教えがありました
    (この方は、気化器を切断して内部構造まで解析されておられます)
    http://www.eonet.ne.jp/~mksasa/35shou.html
    ⑤つまり、”気化器を「隅々までこんがり」!”
    私の場合は④の空焚きでは焼きが足りなかったようです
    なお、こんがりの程度ですが、バーナーは所持していませんでしたので、
    気化器の部分をガスコンロであぶって焼いて無事、ブルーの安定した炎を得る
    事が出来ました
     注意:”気化器をこんがり”する際はホントに無茶苦茶臭いです
        (なお、こんがりの程度は、白い煙が出なくなる数分程度で、臭い
         に耐えられれば、もっとしても良いかと。もしくは、バーナー購入
         で屋外作業がお勧めです)

    • tak より:

      celeron_mouse さん
      初めまして。詳細なコメントありがとうございます。まさに同志といった感じですね。
      ”気化器を「隅々までこんがり」” がポイントとのこと、承知しました。参考URLもありがとうございます。
      しかし私もバーナーがないですし、ガスコンロも使用が難しいところ。。
      なので、シーズンオフになったら、古い気化器を実験台にして、添加剤での洗浄を実験してみたいなあと考え中です。
      まずは安定している今の状態をなんとかキープしたいです。ホント、気を緩めると出てくるのがエラーですからね・・・
      また遊びにきてください!

  2. コバ より:

    はじめまして。一通り拝見いたしました。
    自分だったら諦めるであろう逆境に立ち向かう姿、感動ものです。
    自分もストーブは何台もバラしましたがここまでしぶとくエラーが出る筐体は珍しい気がします。

    ふと思ったのですが、ハード面は私から見ても完璧な状態だと思いました。
    制御系・・・基盤がおバカになってる可能性・・・どう思いますか?
    自分も手は出せない分野ですが、非通電状態で基盤清掃、洗浄など試してみてはいかがでしょうか。

    自分はテレビの故障が基盤洗浄で直った事がありましたので・・・参考にしてもらえば幸いです。

    • tak より:

      コバさん
      初めまして。嬉しいコメントありがとうございます。
      基盤洗浄ですか・・・ 私もそれは未知の分野です。
      最後の最後でどうにもならなかったら試してみる価値はありそうですね。でも壊しちゃいそう。。
      ここ最近、東京も結構寒いですが、奇跡的にエラー無しの幸せな時間を過ごしております。
      しかし油断するとピーピーなるのが我がファンヒーター。
      また動きがあったら更新しますので、たまには遊びにきてくださいね。