「透明なゆりかご4巻」(沖田×華)の感想。

2016112711

こんばんは。

今日は「透明なゆりかご」最新刊、第4巻の感想です。買うの忘れてて遅くなってしまいました。

以下が以前の記事です。

「透明なゆりかご」(沖田×華)を買ってみた。
沖田×華さんの漫画「透明なゆりかご」を買いました。心にぐさっと刺さる感じがしました。
「透明なゆりかご2巻」(沖田×華)の感想。
沖田×華さんの漫画「透明なゆりかご2巻」がようやく届いたので感想です。今回も心に刺さりました。
「透明なゆりかご3巻」(沖田×華)の感想。
沖田×華さんの漫画「透明なゆりかご3巻」を入手。今回も重い話が多いですが、読後感がいい漫画です。

さて4巻はどうでしょうか。では読んで感想なんぞを。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336

「透明なゆりかご4巻」の感想。

・・・

うーん、今回はなんか今一歩かなあ。

妙に虐待系の話が多く感じました。それとそろそろネタ切れな感じも。

なんとなくですが、3巻までのネタの焼き直し感を感じました。

今までと異なり、ほとんどが問題のある親ネタだったので、あまり感情移入できなかったせいかもしれません。

今回、一番良かったのはNICUの丸山さんかな。

むーん、次の「透明なゆりかご 5巻」は2017年4月ぐらいかと思いますが、どーしようかなあ。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローする

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です