風呂の電球をLED電球に変えてみた。蛍光灯型電球から替えたらびっくりした。

2015121606

年末でボーナスもちょこっと出たこともあり、少しずつ進めてきていた「家中LED化」をさらに進めることにしました。

今回は風呂の電球を変えてみた記録です。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336

風呂の電球をLED電球化

これまで使っていたのは蛍光灯型電球のパルックボール「EFD10EL/8/E17」。8Wです。

うずまき型のやつです。うーん、何年ぐらい使ったかしらん。。5~7年ぐらいですかね。

2015121601

いわゆる40型で、口金はE17型。電球色ってやつです。

ここはあまり考えず、同等と思われるやつをチョイス。

選んだのはパナソニックの「LDA6L-G-E17/Z40/S/W」です。 消費電力は5.8W、440ルーメンです。消費電力的にはあまり変わらないですが、まあ下がることは下がるし、明るさアップを期待です。

2015121606

買ったのはアマゾンで価格は1,715円。安くなったとはいえ、電球1個のくせにまだまだ高いですな。。

箱の注意書き。浴室灯対応と書いてあります。

2015121603

これは箱の中で電球を固定する紙。気をつけないと指にささります^^;

2015121604

電球はこんな感じ。いたって普通。

2015121602

で、電器のかさを掃除して装着!

2015121605

うぉぉ明るい!!!

前後比較がないし、写真の技も全くないので分かりにくいと思いますが、全く違います。

やっぱり今までの蛍光灯型電球はかなりへたってたんですね。まあ毎日使っていると分からないのものですが。

風呂の明るさとしては必要充分です。この辺は個人の好みですが一段明るさを落としてもいいかな、と感じました。

安くはないですが良い買い物したなあ。LED化はさらに進めていきますよ。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローする

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です