iPhone6Sのイヤホンが入らないので直してみた。

2月に入手した「iPhone6S」。いつからだったかは忘れてしまいましたが、イヤホンが最後まで入らなくなっていました。

なぜか「そんなもんか」と納得して使い続けてきましたが、家族のiPhone6Sはなんの問題もなくカチっと入ります。

ってことは俺のだけ不良品???

早速調べて見ましたよ。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336

iPhone6Sのイヤホンが入らないので直してみた。

イヤホンが入らない状況の画像を撮ったのに紛失してしまった。。

とにかく最後までカチッとイヤホンがはまらないってことです。

それでは早速グーグルで検索検索。

iPhone6S イヤホン 入らない

あたりがよさそうです。

ふむふむ・・・・

何件か見た感じ、私のアイフォンのイヤホンが入らない原因は多分

ほこり

でしょう。

ほこりをぐいぐい押し込んで固くなってしまっているものと推察。

ほこりがつまっていると、ライトの漏れ具合が違うとの情報があったので、ちゃんとイヤホンが入るカミさんのiPhone6Sと比べてみました。

・・・どっちも全く光が漏れていないので不明。昔のiPhoneとはちょっと違うんでしょう。

イヤホンジャックからホコリを取り除いた。

さて、それではどうするか。

千枚通しじゃちょっと太すぎると判断。「クリップを開いたもの」でやってみることにしました。

こんなクリップを、

2016060503

こんな感じで。

2016060504

まずはつっついてみます。

・・・

感触はあまりないですが、周りからこそげるように動かすと・・・

!!! ホコリとったど~!

一度出始めると出るわ出るわ。これは楽しい。

最終的な成果はこんな感じ。

2016060505

そして満を持して装着。すばらしい。

2016060502

iPhoneのイヤホンが入らない原因を考察

私、YシャツのポケットやGパンの後ろポッケにスマホを入れておくことが多いです。

そう、ポケットの底といえばホコリの宝庫。

ホコリ入る → イヤホンで押し込む → ホコリ入る → また押し込む

の無限ループで詰まったものと思われます。

ではどうすれば防げるのか。そこで考えたのは

ポッケに入れる際、穴を上にする作戦

これで問題無しでしょう。多分。

しかしポケットに入れる際にいちいち上下をひっくり返すのはかなり面倒。。。

というわけでまた詰まったらホコリを取ればいいや、ってことにしました。

まとめ

iPhone6Sにイヤホンがささらなくてお悩みの方は、まずはホコリを疑ってみてくださいね。

スポンサーリンク
たくべやレクタングル大336
たくべやレクタングル大336

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローする

関連コンテンツ

関連記事もどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です